HOME > お知らせ >カード会社・百貨店・銀行協会・警察などを名乗る詐欺事案について

カード会社・百貨店・銀行協会・警察などを名乗る詐欺事案について

カード会社、百貨店、銀行協会、警察官などの関係者を名乗って、クレジットカードやキャッシュカード、
現金を騙し取る詐欺事案が多発しております。

 

(実例)
「○○百貨店のものですが、△△さん名義のカードで高額な利用がありました。不審に思い電話をしましたが、
ご利用の覚えはありますか?」

 

利用の覚えがない旨を回答すると、以下複数のパターンにて被害が発生しています。

 

  • 1. 「クレジットカード(あるいはキャッシュカード)を回収するために、今から銀行協会担当者を自宅に向かわ
    せるので、 暗証番号を伝えたうえでカード類を渡してください」、と言われカード類を渡し暗証番号を伝えて
    しまった。
  •  

  • 2. 「より安全性の高いカードに交換したほうがいい」と持ちかけられ、暗証番号を教えてしまった。
    さらに「古いカードを回収する」と告げられて、家を訪れた男にカードを渡してしまった。
  •  

  • 3. 「クレジットカードの利用を停止するため、『クレジットカード番号』『有効期限』『セキュリティコード』を教えてください!」と言われ伝えてしまったなど

 

【ご注意点】

  • ・騙し取られたクレジットカードやキャッシュカードは、銀行やコンビニエンスストアのATMにて使用されてしまいます。
  • ・百貨店や銀行協会、警察などの関係者が、こうした電話や訪問をすることは一切ございません。
    第三者にカード類を渡したり暗証番号を教えることは絶対に避けてください。
  • ・ご不審な事態に遭った場合は、カード裏面に記載のお問い合わせ窓口にご一報いただくか、「110番」へのご通報、または最寄りの交番へのご相談をお願いいたします。

 

※一般社団法人全国銀行協会、一般社団法人日本クレジット協会、警察庁などでも注意喚起を行っておりますので、下記リンクをご確認ください。