HOME > 過去のニュース > 会社分割におけるクレジット事業部門の譲渡契約締結のお知らせ

past news

過去のニュース

会社分割におけるクレジット事業部門の譲渡契約締結のお知らせ

平成18年8月31日

楽天グループの楽天KC株式会社(以下: 楽天KC 代表取締役社長:関 榮一 所在地:福岡市博多区)は、株式会社オリエントコーポレーション(以下:オリエントコーポレーション 代表取締役:上西 郁夫 所在地:東京都千代田区)と平成18年8月18日に締結した個品あっせん(以下:クレジット)事業譲渡の基本合意書に基づき、本日、会社分割によりクレジット事業部門をオリエントコーポレーションへ譲渡することに関して、会社分割契約を締結しましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.楽天KCの会社分割の目的

当社は、インターネットとの親和性の高いカード事業ならびにファイナンス事業に経営資源を集中し、楽天グループ事業とのシナジーの極大化を追求し、ROA(総資産利益率)の向上を図ってまいります。

当社からオリエントコーポレーションへの事業譲渡にあたっては、吸収分割の方式により、楽天KCのクレジット事業に属する資産、負債、権利義務を分割し、オリエントコーポレーションが承継いたします。分割の対象となる資産の額は、平成18年3月時点で約3,300億円、承継される債権残高は約4,600億円となっております。

2.会社分割の要旨

(1) 分割の日程  
  分割契約書承認取締役会 平成18年8月31日
  分割契約書承認株主総会 平成18年9月中旬~下旬(予定)
  分割期日・登記 平成18年11月1日(予定)
(2) 分割方式
 

(1) 分割方式
楽天KCを分割会社とし、オリエントコーポレーションを承継会社とする吸収分割です。

(2) 当該分割方式を採用した理由
包括的な権利義務の承継を行うことにより機動的な事業再編が行えるため、吸収分割を行うことにいたしました。

(3) 株式の割当
 

(1) 株式割当比率
オリエントコーポレーションは本分割に際し、新株の発行に代えて、同社の有する自己株式を楽天KCに移転いたします。移転株式数は、本件対象事業の評価額1,000万円を分割効力発生日の直前の5連続取引日での株式会社東京証券取引所における承継会社の普通株式の普通取引の毎日の終値の平均値で除すことにより、算出いたします。

(2) 株式割当比率の算定根拠
株式割当比率につきましては、第三者機関が算定した結果を参考として、当事者間で決定いたしました。

(4) 分割により減少する資本の額等(人的分割の場合)
 

資本金の増加はありません。

(5) 分割交付金
 

分割交付金の支払いはありません。

(6) 承継会社が承継する権利義務
 

承継事業に関わる資産及び負債並びに承継事業に関する契約上の地位を承継します。雇用契約は承継しませんが、分割契約の定めにより楽天KCの一定数の従業員の出向をオリエントコーポレーションおよび同社のグループ会社にて受け入れます。出向期間経過後は、オリエントコーポレーション及び従業員の同意により同社のグループ会社にて転籍を受け入れます。

(7) 債務履行の見込み
 

楽天KCおよびオリエントコーポレーションは、分割期日以降に期日が到来する楽天KCおよびオリエントコーポレーションが負担する債務につき、履行の見込みがあるものと判断いたしました。

(8) 承継会社において新たに就任する役員
 

新たに就任する役員はありません。

3.分割当事会社の概要

商   号 楽天KC
(分割会社)
株式会社オリエント
コーポレーション(承継会社)
主たる事業内容 総合あっせん部門
個品あっせん部門
信用保証部門
融資部門
リース部門・その他部門
総合あっせん業務
個品あっせん業務
信用保証業務
融資業務
設立年月日 昭和38年4月26日 昭和26年3月15日
本店所在地 福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目4番2号 東京都千代田区麹町5丁目2番地1
代表者 代表取締役社長 関 榮一 代表取締役 上西 郁夫
資本金 3,055百万円 220,202百万円
発行済株式総数 24,085千株
(平成18年3月31日現在)
829,312千株
(平成18年3月31日現在)
株主資本 14,948百万円 346,471百万円
総資産 608,519百万円 4,368,274百万円
決算期 毎年 3月 31 日 毎年 3月 31 日
従業員数 1,349名 3,423名
主要取引先 全国の加盟店
(自動車販売店・百貨店・専門店・量販店等)
全国の提携金融機関
全国の加盟店
(自動車販売店・百貨店・専門店・量販店等)
全国の提携金融機関
大株主及び持株比率
(平成18年3月31日現在)
ジェイ・ケイ・ホールディングス株式会社
(55.5%)

興銀リース株式会社
(9.7%)

株式会社あおぞら銀行
(3.6%)

株式会社みずほコーポレート銀行
(3.5%)

伊藤忠商事株式会社
(21.0%)

株式会社みずほコーポレート銀行
(3.9%)

株式会社みずほ銀行
(2.3%)

東京リース株式会社
(2.3%)

日本マスタートラスト信託銀行株式会社〔信託口〕
(2.1%)

主要取引銀行 株式会社みずほコーポレート銀行
住友信託株式会社
農林中央金庫
株式会社みずほコーポレート銀行
株式会社三井住友銀行
株式会社三菱東京UFJ銀行
株主数 34名
(平成18年3月31日現在)
29,394名
(平成18年3月31日現在)
当事会社の関係
資本関係 オリエントコーポレーション保有楽天KC株式1,250株
(優先株)            

楽天KC保有オリエントコーポレーション株式0株
人的関係 なし。
取引関係 クレジットカード業に付随する事務の委託・受託。

最近3決算期間の業績

楽天KC株式会社(分割会社) 株式会社オリエントコーポレーション
(承継会社)
決算期 16/3 17/3 18/3 16/3 17/3 18/3
営業収益
(百万円)
58,293 66,101 80,438 296,053 305,240 324,590
経常利益
(百万円)
2,025 2,242 7,195 30,906 39,457 50,746
当期純利益
(百万円)
270 ▲3,318 1,862 25,847 737 13,454
1株当たり
当期純利益(円)
9.85 ▲139.17 22,174.64 39.07 1.06 4.81
1株当たり
配当金(円)
8.50 1,720.00 0.00 0.00 0.00 3.00
1株当たり
株主資本(円)
804.72 657.61 58,932.34 ▲95.40 ▲56.51 ▲15.67

4.分割する事業部門の内容

(1) 事業部門の内容
 

オートローン事業、ショッピングクレジット事業、提携保証クレジット事業、提携保証リース事業

(2) 部門の平成18年3月期における経営成績
 
  部  門(a) 実  績(b) 比率(a/b)
売上高 16,447百万円 80,438百万円 20.5%
(3) 譲渡資産、負債の項目及び金額(平成18年3月31日現在)
 
資    産 負    債
項  目 帳簿価額 項  目 帳簿価額
流動資産 315,008百万円 流動負債 316,697百万円
固定資産 20,286百万円 固定負債 743百万円
合  計 335,294百万円 合  計 317,440百万円

5.分割後の会社の状況

(1) 商  号 楽天KC株式会社(平成18年3月31日現在)
(2) 事業内容 総合あっせん部門、信用保証部門、融資部門、
リース部門、その他部門
(3) 本店所在地 福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目4番2号
(4) 代 表 者 代表取締役会長  三木谷 浩史
代表取締役社長  関 榮一
代表取締役副社長 穂坂 雅之(新任)
(5) 資 本 金 3,055百万円(平成18年3月31日現在)
(6) 総 資 産 608,519百万円(平成18年3月31日現在)
(7) 決 算 期 毎年3月31日

6.今後の業績に与える影響

今回のクレジット事業譲渡に伴い、譲渡損失及び譲渡付随費用として平成19年3月期決算において約186億円の特別損失を計上する見通しです。

以上